模型を持つ人

民泊サービスで話題のairbnb|運用代行に依頼しよう

日々の運用を代行へ依頼

世界が注目するairbnbを使って日本で簡単に投資が出来る様になり、資産運用の方法として関心を持たれています。そして日々の管理業務は一括で運用代行へ依頼する事が出来ますので、自分で行う管理の手間を省く事が出来るでしょう。

サポートが成功の秘訣

airbnbの成功事例は増加していますが、多くのケースは運用代行によって支えられています。通常は一定の割合が売上から引かれる料金システムで、経営を圧迫する心配がありません。多彩なプランとオプションが選択でき、必要な分だけ利用できると好評です。また、依頼先が一元化できる点にも魅力があります。

世界中の人と友人になる

airbnbとは、世界中のお客さんを宿泊させて報酬を受け取るビジネスです。日本を訪れる外国人観光客は増えていて、今後の需要が見込めるので注目を集めています。しかし未経験で行うには不安もあります。そんなときはairbnb運用代行サービスに任せれば言語や慣習の違いも解決できます。

宿泊施設として空き部屋を

男の人

運用を手伝う代行業務とは

外国人観光客が日本に多く訪れる中で、airbnbという民泊サービスが急増しています。このairbnbは、使われていない部屋があるオーナーが、旅行者など借りたい方に宿泊施設として提供するWEB上のサービスです。このairbnbは、個人でも運用が可能となっていますが、運用代行に依頼する方法もあります。airbnbの運営には、部屋のデザインや家具・家電の購入、物件ページの作成、アクセスガイド、WEB上に載せる写真撮影などを行う必要があります。この作業をオーナーに代わって、ゲストが宿泊したいと思うようにプロの技術で提供するのが運用代行なのです。他にも、外国語による対応や外国人向けのハウスガイドの作成、鍵の受け渡し、トラブルの対応、清掃まであらゆる対応をしてくれます。自己運用では煩わしい作業を、すべて行ってくれるのが運用代行の業務で、個人では管理しきれない部分だけを利用したり、運用自体すべて任せることもできるのが運用代行の特徴です。airbnbでは不動産の家賃収入に比べて2倍から3倍の収入をえることができるので、投資の手段として利用する方が多くいます。そのため、収益をあげることが絶対条件となることから、運用代行では業者によって様々な提供をしているのがポイントです。例えば、売り上げの最大化を図るための宿泊スケージュール管理、近隣の相場と予約率を考慮した宿泊価格の調整、検索上位表示となるリスティング対策などがあります。物件の稼働状況や収益は月単位で報告してくれ、収益を向上するための改善策を相談できるところや、場合によってはリノベーションまでできる運用代行もあります。運用代行の利用には、月の売り上げの20%から30%が相場で、ニーズに合わせて運営してくれるのが運用代行の仕組みです。